Q-1 御成町3丁目の家 「 付加断熱材充てん作業 」

 付加断熱支持材2×8材(38mm×184mm+21mm材)を設置し終えて、直ぐにグラスウール(GW)の充填作業に入っております。今後さらに充填するGWと合わせて壁の断熱材の厚さは315mmとなります。内訳は外側の付加断熱材GW210mm+室内側の充填断熱GW105mmのW断熱仕様。


 前回まで使用していた黄色のグラスウールから今回の現場からは白いグラスウールです。

 
 以前のGWは作業する際にチクチク感があったが今回からのGWは殆ど無いために現場からの評判がすこぶる良い。GWを固める結合剤(バインダー)も石油系のフェノール樹脂から植物系に変更されております。

 
 断熱性能は変わらずに熱伝導率: 0.038 W/(m・K)[16KHG]で繊維の一本一本に撥水処理をされていて、たわみが少なく自立性があるため、施工性も更にアップします。

c0104793_09001964.jpg
c0104793_09004450.jpg

by titeki-oota | 2018-08-28 09:01 | Q-1 御成町3丁目の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん