人気ブログランキング |

Q-1 御成町の家 N邸 「 換気風量測定 」

 24時間連続運転の機械換気設備、取り付けを義務つけられたのは2003年7月からだった。

 しかし、16年も経っても建物を造る前の段階で換気の設計内容は書類上だけの審査で通り、依然として建物が完成した後の実際の換気風量を測定する業者さんは本当に少ないのが現状です。

 空気は透明で見えません。いくら難解な換気風量計算書が作成されていても、現場での施工次第で結果は変わることが多いことから先週、記述した気密測定と同じく、換気風量も実測してみないと分からない項目なのです。

 設計風量が少なければ換気の役割を満たさず室内の空気が汚れ時には結露水など発生し、逆に多すぎれば風切り音が発生し、寒すぎたり熱エネルギーロスを増大させます。
 遡れば一般住宅に換気システムが義務化されてから暫く経つと言うのに,未だにカタログ上の数値だけ記載した申請書のみでスルーし、大手を含め多くの造り手は「換気」を曖昧にしている現実があります。

     
     実測した 強運転時:139m3/hですと換気回数は0.52回/hとなります。

c0104793_09581752.jpg
 冬季間になったらトイレ内天井換気扇は「弱」のみで運転、換気回数は(0.33回/h)となります。
c0104793_09580531.jpg
c0104793_09583856.jpg
  普段の常時換気ルートとは関係ないのですがユニットバス内の換気風量を測定して見ました。
c0104793_10042140.jpg

by titeki-oota | 2019-09-23 10:01 | Q-1 御成町の家 N邸 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん