防災へリ「なまはげ」で離着陸訓練

 が24日午後から予定どうり市立総合病院屋上ヘリポートで行われた。
大館新報の取材写真を見てアレッ!着陸面の中心Hマークが良くは見えないが赤色でないように見えるが多分間違いなくグレー色系の上に白色でマークを塗られているだけかな?。
新聞記事の中でも書いてあったが消防防災航空隊にとっても県内初めての病院屋上ヘリポートでの訓練で、救助小隊長のコメントでは「ヘリポートの広さは良いが、色が均一で感覚をつかむのが難しい」と話し、課題も判明した。(当日は天気が良くて太陽光が反射して特に建物が白っぽく上空からは見えずらいはず) 大館新報 掲載写真より
c0104793_1415266.jpg


 日本のほとんどの病院のヘリコプター離着陸施設がそうであるが、『病院ヘリポート』であるにも係わらず『病院ヘリポートマーク』が記されていない。上空から病院ヘリポートを探したが簡単に見つからなかった。
c0104793_14585085.jpg

      2004年供用開始 筑波メディカルセンター病院ヘリポート
世界的に病院のヘリポートマークはICAOの基準に従い「白十字の中心部に赤でH」と決まっているのに、最近でもコンサルや設計会社はそのことを案内しないどころか知識としても持っていない。(いまだにこのマークを案内しない手抜きコンサルも多い)。これでは重篤な患者搬送のパイロットがタイムロスの上に迷ってしまい危険です。


c0104793_14205134.jpg

c0104793_1554314.jpg


岐阜赤十字病院 屋上ヘリポート2006年 供用開始 上空からも目立って分かりやすい。
c0104793_17351475.jpg

by titeki-oota | 2007-10-25 18:31 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん