人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 2291 )

「 詐欺師 」

  毎日どこかで、「特殊詐欺」云々と新聞を賑わせております。オレオレ詐欺に始まって、今では還付金詐欺が多いという。例えば、役所名を語って「貴方に保険金が還付されます・・・」という電話が掛かり、口座確認とか何とか言って最後はATMで現金を振り込ませる手口である。
 
 遠い世界の話だと思っていたら、昨日その主役を演じさせられる羽目になりかけました。

 詐欺師と言えば昨年、東証1部上場企業・積水ハウスが、詐欺師グループに騙され被害総額は50億円以上を巻き上げられた事件があったが、こちらのハウスメーカーは誰でも知っている大企業。当然、相手の身辺調査も十分に行っただろうに、偽造した書類に始まって色んな登場人物が現れ、まんまと騙された。 詐欺師の演技力、恐るべしである。

 それに比べたら元手は余り掛からない「還付金詐欺」が大流行です。
c0104793_14055237.jpg
  
  自宅固定電話が鳴り家内が電話口に出ました。(実は1週間ほど前、何気なしに「そろそろ詐欺師から連絡が入るころ」と話した事が結果的に良かった!!。)

 若い男の声で先ず大館市の保険課と名乗って家内の名前をスラスラ言い始めたそうだ。(この段階で可なり信用し始めている)

 そして、5年分の保険料から何百円×いくら云々と言って2万1840円が還付されると話を始めたそうで、すかさずキャッシュカード手元に有りますか?と聞いて来たそうだ。(この質問でアレ!!?と思った)話を聞き進めて行くと要するに早くATM機に行かせたい会話だったそうで「カードが手元に無いので」と言ったら後でもう一度電話するからと言って電話が切れた。その後は掛かって来なかったようだが半分信じかけた心に危ない危ない!。

 色気を出したらお終い。良く考えたら書類も送らずに電話だけで、お金の話など有るはずも無く皆さんも十分に注意してください。 

by titeki-oota | 2019-07-18 14:06 | Comments(0)

「 シロアリ発生!!」

 先週、Fさんから羽アリが出ているから直ぐ見てくれとの一報が入りました。

 早速、出かけ観察すると南側の吐き出し窓の下部から這い出して来るアリを発見!!残念ながら間違いなくシロアリそのものです。

 当時は未だ防蟻用基礎断熱材を採用する前だったので施主さんには毎年、6月ごろ前後に基礎外部周辺を注意深く見て置くようにとお願いしていたから運よく早期発見に繋がった。
  
 こちらのお宅は7年前に完成引き渡した物件でして、地域(保水地盤的)からしてシロアリ発生の予想は少し覚悟?していたとは言え、さらにアリさんを誘因した可能性として庭園内の立ち木を切った古い切り株も発生原因の1つでないだろうかと駆除業者さんの指摘であった。

  今回の駆除方法は「セントリコンシステム」です。
   
 建物の外周に3mピッチで(今回は2.5m間隔)地中に埋めたステーションに誘い出しシロアリに毒餌を食べさせ ステーションより内側(建物)にシロアリを侵入させません。
c0104793_13585731.jpg

 習性を利用した新発想の防除工法。連鎖的に死滅させて巣ごと退治するシステムです。シロアリの習性を利用して根絶するにはこの方法が一番効率的です。従来の薬剤は地中のコロニー は温存されたり、防蟻剤のバリアに隙間ができると再び侵入する危険性がありましたが、そんな従来工法の問題点をクリアしたのが、セントリコンです。
 
何よりセントリコンシステムは世界の誰もが知っている「ホワイトハウス」にも採用された実績があります。

 矢印のウレタンの小さな隙間からアリは出入りしていた。
c0104793_13552541.jpg

by titeki-oota | 2019-07-08 13:56 | Comments(0)
 先日、シロアリについて少しばかり書きましたが、少し気になる記事を見つけましたので紹介します。。北海道はシロアリが出ないと思っている方が多いと思うが実際の所、被害が出ているようです。北海道住宅新聞から一部抜粋。   👇 文面上でクリック 拡大!!
c0104793_11534575.jpg

by titeki-oota | 2019-06-19 11:58 | Comments(0)
 地盤調査では布基礎でも十分な強度が保てるとの調査資料を頂き喜んで、いざ重機で土をほっくり返し始めたら地中からは歓迎されない物ばかりが出て来てしまった。腐らないままの木屑やコンクリートガラ等が混じっており、恐らく当時ここに建っていた家屋を解体した際の産廃を敷地内に埋めたものと推測されます。
c0104793_10563599.jpg

 これらの土をはぎ取ってから砕石に入れ替えてからベタ基礎造りに入って行きます。
c0104793_10565238.jpg
 先週に鉄筋検査も無事に終えて今日は少し寒い曇り空の中でのコンクリート打ちです。
c0104793_10581722.jpg
 ポンプ車から送られて来るスランプが少し硬めの生コンでモコモコ感が分かります。
c0104793_11002675.jpg
 基礎の外側を囲っている白いのが基礎断熱材で防蟻用で150ミリの厚さがあります。防蟻仕様で無い断熱材は注意が必要です。市内の色んな現場を見かけますと依然として普通の板状断熱材を使用しており、その結果2階部分までシロアリが昇って大きな被害が発生している家屋も出ており、たかが断熱材と侮ってはいけません。
c0104793_11063479.jpg
 土間に生コンを流し込んで立ち上がりと一体化させてコールドジョイントが無いベタ基礎が完成します。
c0104793_11335980.jpg
c0104793_11110797.jpg

by titeki-oota | 2019-06-17 11:13 | Comments(0)
 昨夜は吉田輝星が1軍で初先発すると言う事で久しぶりに6時からプロ野球中継に見入ってしまった。
  初回から、ハラハラドキドキの試合だったが今日の各紙、スポーツニュースは、何処も彼処も吉田投手の話題で埋め尽くされております。
  
 本人の頑張りは勿論だが18歳の若者をグランドに送りだした栗山監督も立派である。並みの監督でないことを此れで確かに証明された。
c0104793_08484641.jpg

 何しろデビュー前の2軍戦でめっちゃ打ち込まれていた新人投手を直ぐに1軍で投げさせたのも驚きである。その理由が「ストレートにこだわって戦う姿勢を崩さなかった」と言った。吉田輝星も最大の武器である直球を自信を持って投げ続けた。
 84球中、67球が直球。実に80%に達し、5球に4球が直球である。しかも初対戦とはいえ、広島の強力打線を相手にしてだ。かつての大谷同様に、吉田の力を信じて疑わない栗山監督だから出来たのかも知れない。

 これからも大きな波にぶつかるだろうが日本ハムの育成ペースに順調に乗って行って欲しいものだ。
 

by titeki-oota | 2019-06-13 13:55 | Comments(0)

「多忙」

 多忙を言い訳にして1ケ月以上もブログの更新を怠っていました。

  
 皆さんお分かりの様に消費税upの影響なのか?色んな、お問い合わに始まってリフォーム現場・新築現場の打ち合わせ・その他の書類作成、申請などなど この1ケ月に走行した社有車の距離数も可なり多かった。

 
 やれやれ来週からは幾分、落ち着きそうです。



by titeki-oota | 2019-05-17 14:05 | Comments(0)

 また、昭和が遠ざかって行きます。
 
 大好きなケーシー高峰が逝ってしまった。

 
 医事、下ネタ漫談をやらせたら、それはもう右に出る者はいない。


 ドクターと呼ばれて沢山の人から愛され、客イヂリも上手で、なまりのある喋り方とラテン語?で一世を風靡した人だった。


      セニョール ケーシー高峰さん  グラッチェ。


by titeki-oota | 2019-04-10 10:51 | Comments(0)

 Q-1 御成町3丁目の家(延べ床面積42坪)の3月分電気使用量が送られて来ました。

   
 3月分の請求明細を見れば31日間使用で(2/22から3/24まで)金額は26,493円。


 電気使用量は合計で998(kwh)時間帯の内訳はオフピーク305kwh、 ピーク191kwh、 夜間502kwh。


 家族は在宅していることが多く日中の室温設定は少し高めの24度です。

c0104793_11130827.jpg
   


by titeki-oota | 2019-04-08 11:14 | Comments(0)

  連日、センバツ高校野球で熱戦を繰り広げておりますが、 いよいよプロ野球ペナントレースも今日から開幕となって楽しみが増えます。

 
 先日、何気なしに横になって見ていたTVで長嶋一茂が「猿田なんとか」と言ったと同時に、ェッもしかしてあの秋田高校出身の猿田和三の事じゃないかと昔の記憶が一気に蘇って来た。

 
 あの頃の実力からすれば、猿田選手は普通にプロに進み活躍するもんだと思っていたが、何故かしら秋田県庁に就職してしまった。

 
  以下の様に慶應大学時代に数々の輝かしい成績を残している。

 
 ・1986年:東京六大学秋季リーグ 首位打者、ベストナイン

 ・1987年:東京六大学春季リーグ 優勝 ベストナイン

 ・ 同年:全国大学野球選手権大会 優勝

 ・ 同年:日米大学野球 主将
 

 長嶋一茂が大学時代、唯一絶対勝てなかった人望があって強力なリーダーシップ、天才バッターだとも言い、特に日米野球で相手投手の豪速球を打ち負かした逆転サヨナラスリーランホームランを放った試合についても熱く語っていた。



by titeki-oota | 2019-03-29 13:39 | Comments(0)

とんぶりの歌

 生産地である大館でも、ほうき草の実「とんぶり」を、頻繁に食べている人は少ないだろう。自分も偶にトロロに混ぜたり納豆に入れて食べることはあるが、材料その物には味は無くプチプチ食感を楽しむ、あくまでも脇役の食材でなかろうか。

 そんなトンブリに付いて昨日、夕方のラジオ(
吉田照美の森羅万SHOWで「ふかわりょう」が、何故か随分と熱く語っていた。おまけに歌まで作るほどの、惚れ込み様である。こんなに褒められると何か、こそばゆい感がする。


              
   

by titeki-oota | 2019-03-27 07:58 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん