「前先生の記事」

  前先生の記事が元旦の朝日新聞(住宅特集)に掲載されていたので

 一部抜粋してご紹介します。


  「東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 准教授・博士

   前 真之(まえ まさゆき)氏」

 

 前先生は省エネ性や快適性の高い建物を広めエコハウスの普及につながる研究をしながら全国各地でセミナーや講演会をされている気鋭の住宅環境性能研究者です。

 
 一般の方には余り馴染みが無いかも知れないが業界の省エネ・エコハウス研究に於いては行動力にも優れた第一人者です。

これまで全国でさまざまな住宅のエネルギー調査を進めて来たなかで多く出会ったのは、快適性とはかけ離れた人が住むのにあまりに不便な「エコハウス」であったとも述べております。

c0104793_08141992.jpg
c0104793_08142724.jpg
c0104793_08143588.jpg


# by titeki-oota | 2018-01-12 08:15 | Comments(0)
 室内側から充填するGW断熱材施工が昨日から始まりました。
c0104793_08544974.jpg
c0104793_08562538.jpg
 この断熱材充填作業で全て入れ終えると内側105mm・外側210mmあわせて315mm厚の壁断熱層が完了します。  断熱材を入れ終えると直ぐに防湿・気密シートを張りめぐらして行きますが今回の現場は2階の床が根太レス合板を施工する関係から、いつも行っている先張りシートとのジョイントが出来ず、収め方が少々面倒になります。

 写真の様に胴差周りから構造材廻りまで気密テーピングした上から小割木材で押さえつけて行く作業を行います。

c0104793_08553325.jpg


# by titeki-oota | 2018-01-11 08:56 | Q-1 泉町Ⅱ モデルハウス | Comments(0)

  誠に勝手ながら、下記のとおり年末年始休業とさせていただきます。


    年末年始休業期間

 
  12月30日(土)~1月8日(月)まで


 1月9日(火)より通常営業となりますので宜しくお願い致します。



# by titeki-oota | 2017-12-29 16:27 | Comments(0)

 有浦3丁目の家に伺って12月分電気料金明細書を見させて頂いたが予想していたより高めの金額に愕然とします。


 現在、契約している料金プランは暮らし方などを考えてスタンダードプランの「従量電灯B」で出発したが、明らかに此方の選定判断ミスだった。

c0104793_09204491.jpg
 
 早速、東北電力に依頼し料金シュミレーションして頂いた結果は「よりそう+シーズン&タイム」が最も適していることが判明しました。床下エアコン、エコキュートを採用している事から、これらヒートポンプ機器を使用するオール電化住宅のお客さんに適しているようです。別表の様に冬・夏・その他の季節ごとのピーク時間に電気のご使用を節約していただくとお得なプランです。


 電力会社で料金シュミレーションして頂いた結果は「従量電灯B」から「よりそう+シーズン&タイム」に当てはめると、凡そマイナス6000円になったはずとのコメント。

  
 早めに次の1月の料金を知りたいと思ったら、どうやら検針日前の変更は出来ない規則のようなので後は2月の電気料金まで待って欲しいとの事であった。

c0104793_09072307.jpg
c0104793_11304834.jpg
c0104793_09075572.jpg

# by titeki-oota | 2017-12-29 09:11 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

 昨日まで続いた爆弾低気圧に依る悪天候で外部仕事は全て取りやめて内部作業に変更です。


 屋根断熱材として105mm厚を3枚重ね、合計で315mm厚の断熱層を確保します。後を追っかける様に気密シートを張りめぐらして行きテープ処理してから小割り木片で全てのシートの合わせ目の上部から押さえます。こうすると将来に亘って浮き上がりや剥がれ防止に繋がります。

 屋根断熱材も壁に入れる断熱材と同じ性能品です。黄色いグラスウールはマグの「スーパーイエロー」相当密度:高性能16(kg/m3)・ 熱伝導率: 0.038(W/m・k)。



c0104793_13043866.jpg
c0104793_13060943.jpg

# by titeki-oota | 2017-12-28 13:06 | Q-1 泉町Ⅱ モデルハウス | Comments(0)

「解体作業も終盤!」

 自宅から近い事もあって「いとく・長倉町店」が閉めると最初に聞いた時は本当に驚いたものです。

  
 買い物に行けば年配者が多くいるのが特徴のお店で、店員さんと親しく話をされている所を見れば恐らく頻繁に買い物に来て顔見知りになっていたと思う。そんな年配者御用達のスーパーが無くなる事に色々と行政にも働き掛けがあったり聞き取り調査などが行われたようだが、一会社の商いに対してはどうにも成らず、昭和43年12月に開店して、長く地域住民に親しまれて来た店は半世紀の歴史を終えたのは9月末でした。


 大館に限らず街の中心地から郊外に出て新たに出店するパターンが多い。当然に車が無い高齢者は買い物で一苦労している買い物弱者話は頻繁に聞くが、此れと言った解決策が無く困っているのが現状です。  

 夜に国道前を通ると以前のような明るさが無く寂しさを特に感じます。


 10月ころから建物の内部から備品等を運び出すのを見ていましたが12月に入ると解体業者が入って分別しながら作業を行い此処1週間ほどは、本体の骨組みを鉄骨カッター重機を投入されアット言う間に解体は終えそうです。

c0104793_13205815.jpg
  2015年8月 ストリートビューから
c0104793_14062204.jpg



# by titeki-oota | 2017-12-26 13:21 | Comments(0)

 此の地域で「 省エネ性・住まいのここち良さ」を求めるなら、先ず一番最初に、断熱材の「厚み」に拘って欲しい。と言うことで今回の現場も内部側から充填断熱をした上で外部側に外張断熱を行う「付加断熱」という工法です。   

 
 そこで付加断熱支持材として2×8材(38mm×184mm)+胴縁材(21mm)を抱き合わせながら、取り付ける作業を盛んに行っております。


 付加断熱支持材設置作業を組み終えれば外部側の断熱材の充填を始めます。内部から充填する断熱厚105mm+外側の付加断熱厚210mmで構成されてます。トータルで壁の断熱材厚みは、内外合わせて315mm。
 
 断熱支持材間に入れている黄色いグラスウールは繊維の1本1本に撥水処理を施されたマグの「スーパーイエロー」相当密度:高性能16(kg/m3)・ 熱伝導率: 0.038(W/m・k)品です。

c0104793_14522814.jpg
c0104793_08415675.jpg

# by titeki-oota | 2017-12-22 14:52 | Q-1 泉町Ⅱ モデルハウス | Comments(0)

今日の最低気温

 例年に比べて1カ月早めの降雪量、気温だと言われておりますが今朝、大館市の最低気温が7時50分現在で最低気温が何と!マイナス10.8度を記録しました。当然に今季最低気温でして12月で2桁台の気温は余り記憶に有りません。これら低温に至るのは「ラニーニャ現象」が起因なんでしょうか。

 そもそも「ラニーニャ」は女の子を意味する名前をつけられたようですが、可なりのおてんば娘のようです。

c0104793_08192845.jpg

# by titeki-oota | 2017-12-21 08:19 | Comments(0)

 JR東日本が主催する駅弁ランキングイベント「駅弁味の陣2017」が発表され、花善が製造販売した「復刻版鶏めし弁当」が2位に当たる「駅弁副将軍」に選ばれました。

c0104793_13105988.jpg
 15、16年に続いての「駅弁大将軍」には惜しくも一歩届かなかったが、それでも立派なものです。
# by titeki-oota | 2017-12-19 13:06 | Comments(0)

 昨日は、当社の大工と電気屋さんを交えて東京から駈け付けてくれたメーカーさん3名の指導の元で 久しぶりにお天気に恵まれた中で太陽光発電パネル設置作業が行われました。

 
 太陽光パネルの設置方法は、大きく分けて2種類あります。「屋根置き型」と「屋根一体型」となっており、それぞれに特長があって長所と短所もあります。


 採用したのは屋根材型太陽光発電システム「はたらく屋根-エコテクノルーフ」名のとおり、屋根葺き材であり、太陽光発電システムとしても機能する 優れもの。だから、後付けタイプの太陽光発電システムを採用・施工するのと 違い、屋根を傷めることもありません。


ZEHの条件を満たす為に切り離せないのがソーラーパネル(太陽光発電システム)の設置。敷き並べたパネルの枚数は各種72枚で公称最大出力は8.97kwとなります。


 8時半から午後3時頃までの作業予定時間だったが当社の大工・電気屋さんが事前に何時間も講習を受けて習得していたお陰もあって、お昼頃で殆どの作業が終了してしまい、メーカーさん曰く、過去の同規模作業時間としては最速でないかとビックリ!しておりました。


 屋根置き型の太陽光発電パネルはパネルの下敷きになる屋根材のメンテナンスがしづらく、屋根全体の重量や雨じまいに課題が残ると考えられるが、その点に於いて屋根材一体型システムは軽量で雨漏れや耐久性の高いのが特徴です。


 施工は、アルミの縦桟を野地板上にビス留めで固定。桟と桟の間に屋根材を兼ねた発電パネルモジュールを滑りこませる。モジュールを留めるアルミフレームと縦桟は、アルミ同士の勘合で二重に止水する断面形状になっており、止水にシーリングは使っていない。

 万が一雨水が浸入しても雨水は縦桟にたまり、流れ伝って軒先の雨樋に排水されるため、ルーフィング材には落ちない。

c0104793_08570248.jpg

施工が簡単なため、一般的規模の住宅屋根なら2人工ほどで施工できるという。また、施工後にパネルに不具合が起こっても、問題のあるパネルだけを取り出して交換できるなど、メンテナンス性も良い。パネルと野地板の間の空間は通気層になります。 パネル下は通気層が確保されていて、軒先の収まりはステンレス製の金網が付いていて虫などの侵入を防ぎ風だけが流れる造りになります。

c0104793_08415002.jpg
 パネル面の端に黒い立ち上がり部が有りますが屋根面に積もった雪が走らないよう無落雪タイプとなります。
c0104793_08433520.jpg

# by titeki-oota | 2017-12-16 13:08 | Q-1 泉町Ⅱ モデルハウス | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん